開発までの経緯

  ※「Re-Soテクノロジー」は当社独自の技術であり、他社の技術を一切使用しておりません。

 戦前から東京大学で行われていた研究及び、
 ミネラル・酵素学、応用微生物学を基盤に有機物分解処理技術を学び、
 学問の枠にとらわれない独自の開発・研究・実験を重ねる。

 2003年に河川や汚水に点滴添加するだけで浄化できる、
 清涼飲料水の成分規格試験に合格した安全な「REウォーター汚水処理剤」を開発。
 自然環境を蘇らせる活動に取り組む。国内外の様々な分野に活用される。
 現在はインフラ未整備な国の汚水処理や世界各国の汚染された湖沼池・河川浄化に従事。
 (土壌改良剤、消臭液、健康飲料水、化粧品、健康グッズなど多数開発)

 長年の研究・開発の末、唯一の技術「Re-So テクノロジー」を確立。
 本技術は「あくまでも身体を元気にするのは本人自身であり、
 その後押しを最大限にさせていただく」という視点と、
 「人間も動物も植物も微生物等すべて地球上の生き物である」という当たり前の観点から研究を進めた結果、
 それら生物に対する様々な阻害要因(化学物質など)を浄化・除去すると共に、
 生体バランスを整え、再生力・修復力を高める。

 さらに、酵素およびミネラルの特性を最大限に引き出し、
 ミトコンドリア活性・反応を促進し生命エネルギーの源であるATP合成まで導く。

 それが、《Re-Soテクノロジー》です。



 

 
 
 Re-Soテクノロジーの特長と性質

 ATP産生まで誘因(H+濃度・電位、他)
 ▲潺優薀襦酵素の特性を最大限に高める
 ミトコンドリアの正常活性
 だ戸活性物質の生成・反応を促進(最活性)
 テ酸を継続的にエネルギー源として再利用
    ✖:糖質→ピルビン酸→乳酸→病気
  〇:糖質→ピルビン酸→乳酸→ピルビン酸→アセチルCoA→ミトコンドリア→ATP
 細胞内・外(血漿、組織間液)を活性
 Э牲佚礎J質の合成を誘因
 ┐△蕕罎覬蠑匹魏善
 酵素(タンパク質)が合成されるよう誘因
 様々な阻害要因(化学物質など)を浄化・除去
 その他:アポトーシス、固有振動、ハドロン、重力子、hv、ψ、素粒子物理学・量子力学を考究し応用。






 


 
 ミトコンドリアとは

 ミトコンドリアは食物から、体内で利用できるATP(アデノシン三リン酸)という分子に変換します。
 ATP:運動、細胞増殖、神経活動、物質合成、輸送など生命維持に必要不可欠なエネルギー源。



 ・体重の約10%がミトコンドリア
 ・1日に消費するATPを重さに換算すると、体重の約80%
 ・あらゆる病気の根本原因は、ミトコンドリアの機能不全(ATP不足)が原因
 ・ミトコンドリア不活性、異常 : 病気になる
 ・ミトコンドリア活性 : 健康、元気になる



 つまり、体の元気を保つためにはミトコンドリアの活性が重要なのです。

 
 詳細は…
 

 

 
 乳酸とは/疲労との関わり


 生命エネルギーの源である「ATP」を、糖質を材料にエネルギーに生産時、副産物として生じるのが「乳酸」です。
 乳酸は体内で分解され、最終的にはエネルギー源になる性質を持っています。

 「乳酸が溜まる」ことが疲労の原因ではなく、乳酸そのものはむしろ疲労を回復を助ける役割を担う物質です。
 乳酸は分泌された後、一部は糖にまた戻されたり、二酸化炭素に分解されると言われています。
 しかしそのスピードが遅いため、過度に多いと蓄積されてしまう傾向にあります。

 

 乳酸の生成過程で発生する物質やエネルギー源である物質の蓄えが少なくなることが疲労の原因と言われています。

 

 そこで、過度に乳酸を溜めすぎないために
 細胞を活性化させ、よりATP生産の効率をあげることが最適です。

 詳細は…





 

 REウォーターと汚水処理


 果汁より抽出した35種類もの酵素成分を、天然の腐食花崗岩(特に黒雲母の風化体である蛭石)から
 無機酸(硫酸)で抽出しイオン化された、鉄分をはじめとする希有多様の20数種類ものミネラル群に反応させ、
 特殊処理を施した、有機触媒の「酵素」と無機触媒の「ミネラル」から製造。

 最も大事な環境や人体に影響を与えず、安全なものを目指し作られた“REウォーター”

 REウォーターは、安全なものであることを前提に、下記のような特徴があります。

 ■安全(人体にやさしい・環境に良い)
 ■効果(消臭・分解)
 ■安価(コスト削減)
 ■簡単(点滴注入・噴霧)
 ■河川を2次的に浄化(効果持続)

 詳細は…