Re-Soテクノロジーとは


photo1.jpg
 

酵素・ミネラルの特性を活用し、
体内のエネルギーを生み出す
ミトコンドリアを活性化する独自の技術。








 

 
オリジナル製造機械を用いて、リ・ソ性質(物質や生物システムが持つ普遍的な性質)を、工業的に鉱物に固定処理。
細胞に各性質の影響を与えATP合成まで誘因し、各種ミネラル及び酵素が起因となり、さらに活性が高まり各性質の反応を促進します。








 

01.

ミトコンドリアを増加・活性化し身体の代謝機能を整えます。


ミトコンドリアとは:
呼吸で取り込んだ酸素と食事で摂取した「糖質」「タンパク質」「脂質」から
生命維持に必要なエネルギーのATP(アデノシン三リン酸)を産生する細胞内小器官。
臓器や筋肉を動かし、免疫・炎症のコントロール、体温維持や細胞修復などたくさんの役割を担っています。
つまり、ミトコンドリアが増加・活性化すると、健康になるということ。
 

身体に重要なミトコンドリアを増加・活性化させる技術がRe-Soテクノロジーです。








 

02.

乳酸を継続的にエネルギー源として再利用


乳酸とは:
糖質を材料にATP生産時にできる代謝産物です。
一方で、乳酸は主に運動中には、遅筋線維や心筋でエネルギー源として再利用されます。
長時間運動の場合、細胞内の乳酸濃度の上昇に伴い筋肉の収縮がさまたげられます。
 

Re-Soテクノロジーは、乳酸をエネルギー源として再利用します。








 

03.

酵素・ミネラルなどの特性を活用する特殊技術


生命促進に必要なもの(生理活性物質)の反応を活性状態に合わせる。
生理活性物質とは:わずかな量で生体に作用し、さまざまな生体反応を制御する化学物質の総称。
(酵素、ビタミン、ミネラル、ホルモン、核酸、神経伝達物質、サイトカインなど)







 

04.

様々な阻害要因(有害化学物質など)を浄化・除去する独自技術


生理活性物質には限界があり、摂取したからといって、必ずしも生体内で正しい反応・活性に繋がりません。
有害化学物質、酸素濃度、生理機能、pHバランス、体内細菌、酵素活性、シグナル伝達、ミネラルバランス、生体電位、電磁波、磁力、固有振動など、 体内の環境や外部環境から受ける様々な阻害要因が影響し、正しく作用してくれるとは限らないのです。
 

Re-Soテクノロジーは、様々な阻害要因(有害化学物質など)を浄化・除去する技術です。














 

Re-Soテクノロジーの仕組み




 

 

01.

当社独自技術「Re-Soテクノロジー」により、
生命エネルギーの源、ATP産生まで導きます。


ATPとは:
運動、細胞増殖、神経活動、物質合成、輸送など生命維持に必要不可欠なエネルギー源。
ATPの約95%はミトコンドリアが作り出しているので、元気で高機能なミトコンドリアが増えることが重要です。
そのために大切なのは、適度な運動やバランスのとれた食事、良質の睡眠、ストレスを溜めずにいることですが、
忙しい中、毎日心がけるのは難しいことも…
 

Re-So商品はミトコンドリアが元気になることが実証されました!









 

02.

photo1.jpg

酵素39種以上&ミネラル25種


酵素:パイナップル、パパイア、りんご、みかん、金柑、キウイ、柿、レモン、無花果、ブルーベリー、
   ラズベリー、プルーン、とうきび、馬鈴薯など
ミネラル:良質な天然腐食花崗岩 (黒雲母の風化体であるひる石)安全特殊製法により抽出

■ドーピングに抵触する成分は一切使用しておりません。

配合する酵素・ミネラル








 

03.
photo1.jpg

世界初!?
ミトコンドリアが増加・活性化したエビデンスを取得


人体と細胞の2つの試験で、ミトコンドリアの増加・活性化が認められたことは、
世界で初めての事です。
※エビデンス:科学的根拠
人体では、自転車を漕ぐ試験を行い、血中乳酸濃度、酸素摂取量、心拍数などを測定。
細胞では、ヒト皮膚繊維芽細胞・ヒト神経芽細胞(大脳皮質)で試験(MTT)を実施。
20代をピークにミトコンドリアのATPを作る機能は低下し、10年毎に5〜6%も低下します。

■人体試験 / 大学共同研究

・骨格筋での乳酸が軽減。心肺機能や筋への負荷が軽減。
・呼吸の余裕があり、通常より運動時間が約10秒増加。



■細胞試験

・リ・ソビーム シールタイプ:8%増
・健康Q:18%増
・健康Q+リ・ソビーム シールタイプ:20%増


線維芽細胞:運動能力の向上、炎症および病の改善、ダイエットや美容効果が期待できる。
神経芽細胞:運動機能、神経炎症、記憶障害や精神機能、不眠症などの改善が期待できる。

人体・細胞のエビデンス











 

Re-Soテクノロジーの特長




ATP合成まで誘因(H+濃度・電位、他)
▲潺優薀襦酵素の特性を最大限に高める
ミトコンドリアの正常活性
だ戸活性物質の生成・反応を促進(最活性)
テ酸を継続的にエネルギー源として再利用
細胞内・外(血漿、組織間液)を活性
Э牲佚礎J質の合成を誘因
┐△蕕罎覬蠑匹魏善
酵素(タンパク質)が合成されるよう誘因(体内のほとんどの反応に関与/消化・吸収・分解・代謝・調整など)
様々な阻害要因(有害化学物質など)を浄化・除去
その他:アポトーシス、固有振動、ハドロン、重力子、hv、ψ、素粒子物理学・量子力学を考究し応用。











 

REウォーターと汚染処理




 

Re-Soテクノロジーのもとは、汚水を浄化する技術の開発が原点です。水をキレイにするのは「好気性細菌」が汚水の有機物を分解するため。
Re・蘇はこの好気性細菌を活性させる技術に優れています。
そのため元々約20億年前「好気性細菌」だったミトコンドリアを元気にすることが出来ます。
Re-Soテクノロジーを生かし、汚水処理・環境保全にも役立てています。
 

最も大事な環境や人体に影響を与えず、安全なものを目指し作られた“REウォーター”


果汁より抽出した35種類もの酵素成分を、天然の腐食花崗岩(特に黒雲母の風化体である蛭石)から無機酸(硫酸)で抽出しイオン化された、
鉄分をはじめとする希有多様の20数種類ものミネラル群に反応させ、特殊処理を施した、有機触媒の「酵素」と無機触媒の「ミネラル」から製造。
REウォーターは、安全なものであることを前提に、下記のような特徴があります。

■安全(人体にやさしい・環境に良い)
■効果(消臭・分解)
■安価(コスト削減)
■簡単(点滴注入・噴霧)
■河川を2次的に浄化(効果持続)

REウォーターとは