ミトコンドリア活性試験を行い、代謝活性が認められました。
 

■大学共同研究/多段階漸増負荷運動テスト結果 詳しくは→こちらから



           試験報告書 

【試験名】ヒト皮膚線維芽細胞(2019/12)、ヒト神経芽細胞(2020/1)MTT試験
【目 的】ミトコンドリア活性に与える影響をMTT法で評価する。
【実験手順】
 サンプル:\長培地で希釈した「REウォーター健康Q/健康飲料」(以下、健康Q)
      測定プレート底部に貼付した「リ・ソビーム シールタイプ/肌用シール」(以下、シール)
      ※シールの粘着剤に健康Qを配合。
 細胞:ヒト皮膚線維芽細胞(以下「細胞A」という)
 細胞:ヒト神経芽細胞(以下「細胞B」という)
 成長培地(細胞A):10%FBS/DMEM
 成長培地(細胞B):Ham's F12/DMEM+NEAA(1%)+FBS(15%)
 培養条件:細胞はT75㎠のフラスコで培養。
      細胞の継代は、細胞が80%コンフルエント時、トリプシン処理により実施。
 実験内容:96wellプレート。細胞5000cells(100µl)/well。
 処理時間:72時間。
 結果評価:ミトコンドリア活性の測定については、MTTアッセイを用いる。
 MTT:淡黄色の溶液で、細胞の増殖や活性および毒性を調べるために広く用いられる。
    生細胞(死細胞では開裂しない)内に取り込まれるとミトコンドリアにある脱水素酵素に反応する
    青紫色の変化を比色法で定量する。色素量は代謝活性にある細胞数(ミトコンドリア)と相関する。



 
試験1/ヒト皮膚線維芽細胞 試験2/ヒト神経芽細胞
対照区 細胞Aのみ 細胞Bのみ
試験区1 細胞A+健康Q 細胞B+健康Q
試験区2 細胞A+健康Q+シール 細胞B+シール
試験結果 ミトコンドリアの代謝活性が認められた。
運動能力の向上、炎症および病の改善、
ダイエットおよび美容効果が期待できる。
ミトコンドリアの代謝活性が認められた。
運動機能、神経炎症、記憶障害や精神機能、
不眠症などの改善が期待できる。
参 考 肌を構成するコラーゲン(ハリ)、
エラスチン(弾力)、ヒアルロン酸
(潤い・キメ)、コンドロイチン硫酸
(潤い・キメ)を生成。
本細胞でのミトコンドリアの代謝活性は、
これまでほとんど確認されておらず、
本結果を踏まえ、今後は様々な
角度から検証。


〈試験1〉                     〈試験2〉  


【ミトコンドリアとは】
1. 細胞内小器官の1つ。二重の生体膜からなり独自の DNA を持ち分裂、増殖する。
2. 約20億年前、真核生物(細胞中に核)が好気性細菌を取り込み共生、ミトコンドリアと変化し動物→人類誕生
3. 食べ物などから体内で利用できる ATP(アデノシン三リン酸)エネルギーに変換。
4. 体重の約 10%がミトコンドリア。1日に消費する ATP は体重の約 80%。