様々な阻害要因

食事や健康食品とは? 
1.生体エネルギー通貨〔ATP〕を作るため。(炭水化物、脂質、タンパク質)
2.体内で合成できない生理活性物質の摂取。(ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸〔前駆体〕など)
3.生理活性物質を体内で合成するため。(酵素、ホルモン、核酸、神経伝達物質、サイトカインなど)
 

生理活性物質とは?
・わずかな量で生体に作用し、さまざまな生体反応を制御する化学物質の総称。
(酵素、ビタミン、ミネラル、ホルモン、核酸、神経伝達物質、サイトカイン、ほか)
 

食事や健康食品の限界!
・得られる生理活性物質には限界があります。また、摂取したからといって、必ずしも生体内で正しい反応・活性に繋がりません。
 

なぜ?
・たくさんの 阻害要因 があるから!
化学物質、酸素濃度、生理機能、pHバランス、体内細菌、酵素活性、シグナル伝達、ミネラルバランス、生体電位、電磁波、磁力、固有振動などなど、体内の環境や外部環境から受ける様々な阻害要因が影響し、正しく作用してくれるとは限らないのです。
複数の健康食品を食べたり飲んでも、期待した効果が出ないのは、そのせいです。
 

リ・ソ テクノロジー  ★主な特徴★
ATP合成まで誘因(H+濃度・電位、他)
▲潺優薀襦酵素の特性を最大限に高める
ミトコンドリアの正常活性
だ戸活性物質の生成・反応を促進(最活性)
テ酸を継続的にエネルギー源として再利用
細胞内・外(血漿、組織間液)を活性
Э牲佚礎J質の合成を誘因
┐△蕕罎覬蠑匹魏善
酵素(タンパク質)が合成されるよう誘因(体内のほとんどの反応に関与/消化・吸収・分解・代謝・調整など)
様々な阻害要因(化学物質など)を浄化・除去
その他:アポトーシス、固有振動、ハドロン、重力子、hv、ψ、素粒子物理学・量子力学を考究し応用。